天然石について


天然石は石の名前プラス“面の加工方法+カタチ”で表しています。
例えば、カットして面取り加工がしてある楕円のガーネットは
「ガーネットファセッテドオーバル」となります。

■面の加工方法
ファセッテド
カット加工して、小さな面をつくってあるもの。カット面が光を吸収したり反射したりして、石を輝かせます。石によって、キレイに見えるカットの仕方は異なりますが、一般的にはカット数が多いほど、高価になります。  
フラット 表面が平らなもの。通常は研磨してあります。
 
■カタチ(*カタチは、いろいろな捉え方があるので、目安程度に考えて下さい)
ラウンド
球形のもの
ラウンデル 球形が少し押されたような、ミカンみたいなカタチのもの  
オーバル 楕円形のもの  
ライス お米のような形をしたもの  
コイン 丸くて平たいカタチ(通常、ボタンより薄いです)で横から穴が貫通しているもの  
ボタン 丸くて平たいカタチ(通常、コインより厚み・丸みがあります)で縦に穴が貫通しているもの  
ベベル 平たい丸型で、縁を斜めにカット加工してあるもの  
ドーナツ 円の中央に穴があいた、ドーナツのようなカタチをしたもの  
ヘイシ 円柱形のもの  
チューブ 細長い円筒形のもの  
チップス カタチが不揃いな小さな石。さざれ石。  
ティアドロップ しずく型で、縦に穴が通っているもの。  
ブリオレット しずく型で、上に穴があるもの。  
タンブル 天然石を磨いて手頃なサイズの小石にしたもの。ナゲットと、はっきりした区別はありません。  
ナゲット 原石の形をなるべく生かすようにカットし、磨いたもの。タンブルと、はっきり区別はありません。  
スクエア 正方形のもの  
レクタングル 長方形のもの  
キューブ サイコロみたいな立方体のもの  
クッション 多角形で、中央が盛り上がるようなカットがしてあって、角が丸まったカタチのもの。座布団みたいなカタチ。

■染色などの加工について
ダイ(Dye) 天然石を染色したもの。代表的なのは、アゲートや、白いホーライトを青く染めたホーライトターコイズなどです。天然の色と区物がつかないほど、うまく染色してあるものもあります。  
シンセティック 天然石と基本的に同じ化学組成で人工的につくった石のこと。化学組成は正しいので、ニセモノではありません。ターコイズや、ラピスラズリ、サンゴなどは特にシンセが多いです。天然石より、手頃な価格で手に入り、品質も安定しています。
 
スタビライズド
(安定化)
石を硬くするために透明なエポキシ樹脂で表面を覆ったもの。石の色を変えてしまうといわれるローションやベビーオイルなどを吸収しにくくなるという長所があります。代表的なものとしては、チャイニーズ・ターコイズがあげられます。  
マルチカラー 加工ではありません。染色された淡水パールやアメジストなど、同じ名前の石でも様々な色がある石を同じ連の中に入れてセットにする場合をマルチカラーと呼んでいます。

■パールについて
真珠の種類 本真珠
海に生息するアコヤ貝や、白蝶貝、黒蝶貝などがつくりだすパール。普通は、形を真ん丸にするために、外套膜片と貝でできた「核」とよばれるものを同時に入れます。高価なものが多いです。  
淡水パール 湖や川に生息するイケチョウ貝、ヒレ貝、カラス貝がつくりだす、少し楕円の形のパール。淡水パールは、外套膜片だけを入れて作るので、いろいろなカタチや色のものができます。染色も一般的で広く行われています。価格もわりと手頃です。  
 
ポテト じゃがいもみたいな、少しデコボコしたカタチ  
平丸 平たい丸、または楕円  
クレオパトラ お米のようなカタチで、中央ではなく、端に穴があるもの  
ケシ 核を持たないパール。貝の中に、自然に砂や虫が入ってできた天然の無核真珠。  
バロック バロックとは゛いびつな゛という意味。作られる初めの頃に、何かの異物が入って、そのまま真珠ができてしまったために、真珠層の撒き方が 変形したもの。パールの特徴的な色合い、輝きがもっとも出るとも言われています。2つと同じカタチがなく、独特の魅力があります。


■単位
天然石の一般的な販売単位[連]は1連(36cm〜40cm)です。販売単位が1/2連と表記されている場合は、18cm〜20cmです。1連40cmで3mm丸玉の場合、40cm÷2÷0.3cm≒66個位です。ただし、大きさのバラツキにより多少前後しますのでご了承ください。
天然石のサイズ表記は大雑把です。表記の寸法より±20%前後のバラツキがあることをご了承ください。
トップへ戻る