表を拡大して見る。


A液とB液を混合した時点で硬化が始まる2液硬化型タイプです。
一度別皿で混ぜ合わせたものを、綿棒や爪楊枝などで接着面に塗布します。
非常に強力な接着力を発揮します。
多少隙間が空いているもの同士でも接着剤そのものが隙間を埋めてくれるので、
セラミック同士の接着などには、まず最初に名前が挙がる接着剤です。
硬化した後に肉痩せがないので、隙間の間を安定的に支えることができます。
(このタイプの接着剤は「充填性がある接着剤」といわれ接着剤のスペックチェックポイントのひとつです)
接着力そのものは非常に強力。重量物にも向いています。

【要注意】
□紙や布は接着剤が裏抜けして変色するので向いていません。
□乾燥後は基本的には透明だけど微かに黄ばみがでるので、はみ出しは要注意です。
□発泡スチロールおよびポリスチレン、ポリエチレン、ポリプロピレンには使用できません。

○販売個数 1個
○素材 A剤:エポキシ樹脂 B剤:ポリチオール 
○サイズ A剤:7.5g B剤:7.5g

最近チェックしたアイテム

最近チェックしたアイテムはありません。